ご挨拶

     
 近年、会計監査に対する期待、重要性は益々高まり、その社会的責任も飛躍的に増大しております。

 資金調達方法をはじめ、企業の経済活動はグローバルに複雑化し、その活動を反映した会計情報もまた同様に複雑化しておりますが、企業とこれを取り巻くステークホルダーにとって、この会計情報は非常に重要な指標となっております。 会計監査は、その指標が有用かつ正確なものであるという信頼性を担保し、もって経済活動を支援するための重要な役割を担っているといえます。

 このような環境下において、監査人は、コンプライアンスはもとよりコンフリクトを保持することにより監査の品質をあげることが重要となりますが、その一方で指導性を発揮しないまま、要件を充足するかどうかだけで判断していく監査の傾向が増加していることも懸念しております。なぜなら、粉飾決算等の事案はいわゆる厳格監査のみによって無くなるものではなく、数値を開示する企業に対し、その会計数値は何のために開示されるのか、ステークホルダーが投資判断をする際に資する経理・数値情報とは何かを理解していただき、結果的にそれが企業の利益につながるということを納得してもらうことも非常に重要であり、かつ不正、誤謬の防止につながると考えられるからです。広い見地に立ち、ステークホルダーに対して必要とされる会計情報を開示するということの重要性を、経理に携わる者、そして経営者に対して理解してもらうことが何より重要であると考えております。

 以上の視点に立ち、私共ひなた監査法人は、適正な会計処理や有用な内部統制組織に関わる指導力を発揮し、提供される会計情報の適正性・有益性を担保すべく努力しております。

 当社のメンバーは、監査経験者のみならずコンサルティングや税務実務の従事者、大学等における教職経験者を中心に組織されております。従いまして、狭い視野により矮小な判断をすることなく、広い見地に立ち、合理的な判断のもとで監査を実施して参ります。

ひなた監査法人
代表社員 栗原 猛