ご挨拶

 適正な会計処理を実施し、企業を取り巻くステークホルダーに対して、有用かつ正確な情報をタイムリーに提供することは、現在の経済環境においては極めて重要なことと思われます。また会計監査に対する期待、重要性はますます大きくなり、同時に監査法人の社会的責任も近年飛躍的に増大しました。このような環境下においては、監査法人はコンプライアンスはもとよりコンフリクトを保持することは重要ではありますが、責任を免れるがために、指導性を全く発揮しようとしない監査法人が増加していることは、方向性が違っているようにも思われます。
 粉飾決算等の事案はいわゆる厳格監査のみによって無くなるものではありません。より適正な会計開示ということを達成するためには、経理という広い見地に立ち、企業を取り巻く利害関係者に対して、必要とされる会計情報を開示するということの重要性を、経理に携わる者、そして経営者に対して理解してもらうことが、何より重要であると考えられるのです。

 以上の視点に立ち、私共ひなた監査法人は、粉飾をさせないことは当然のこととして、不正や誤謬を皆無とすべく、適正な会計処理や有用な内部統制組織に関わる指導力を発揮し、企業を取り巻く利害関係者に対して提供される会計情報の適正性・有益性を担保すべく努力しているところでございます。
 そして、当社のメンバーは、単なる監査経験者のみならずコンサルティングや税務の経験者、大学等における教職経験者を中心に組織されております。したがいまして、極めて狭い視野により矮小な判断をすることなく、広い見地に立ち、合理的な判断を断行してまいります。

ひなた監査法人
代表社員 繁野 径子